CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

CATEGORIES

archives

2017.08.02 Wednesday

行政書士になりました。

0

    平成29年8月1日をもって行政書士登録をしました。

     

    実際は昨年の9月くらいから登録しようと考え,Facebookにも行政書士登録を宣言していたのですが,

    結果的に登録するまで一年近い時間が経過したので,何を今さら,な感じになってしまっているかもしれません。
    これまでも土地家屋調査士と行政書士の合同事務所で
    既に司法書士として仕事をしていることもあって,
    行政書士としてのフレッシュさは,あんまり無いですが,
    行政書士としては本当に新人ですので,よろしくお願いします。

    2008.08.26 Tuesday

    地盤なし鞄なし看板なし?

    0
      司法書士法施行規則第20条第1項には
      司法書士は、司法書士会に入会したときは、その司法書士会の会則の定めることにより、事務所に司法書士の事務所である旨の表示をしなければならない。

      とあります。
      司法書士法施行規則すら守れない司法書士など存在しないと思いますが、僕の場合、父の看板があったので、
      それに
      KING JIM テプラ PRO SR3500P
      KING JIM テプラ PRO SR3500P
      で作った「司法書士の事務所である旨の表示」を貼り付けていたのですが、
      さすがに、1メートルくらいまで近寄らないと司法書士事務所であることが見えてこないということで多くの方々から不評をかっていました。

      さらに、国道沿いの案内表示の看板は、「司法書士の事務所である旨の表示」を貼り付けていないので、ここに司法書士事務所があるよということは分からないと思います。
      貼り付けてあったとしても、よほどの動体視力がないと見えないでしょう(笑)

      自分の営業にも限界があるので、さすがに事務所前のと国道沿いの看板を立て替えることにしました。
      看板に「認定司法書士」と入れれるかどうかは9月1日の発表しだいなのですが(そのために今までラベルの貼り付けで我慢したともいえる)、祈るような気持ちです。
      逆に業務の主流ではない行政書士は看板の表示から外しました(行政書士法施行規則には違反しないよう、おそらくラベルで対応w)。

      エフ・ワークスさんは人柄のよい看板屋さんです。
      近くデザイン案と見積もりを持ってきてくれるので、それが楽しみです。

      2008.05.22 Thursday

      司法過疎について

      0
        日本司法書士会連合会では、そのホームページ上において、「司法過疎が原因で起こり得る問題」というページを置いて注意喚起しています。

        大都市に法律家が集中して、田舎には相談する相手もいないというのはおかしな話ですが、
        合格してすぐに開業するには資金的にも能力的にも自信が無いため、
        都市部で修行しているうちに自分の生活圏が都市部にできてしまい、けっきょく都市部に居つくタイプの人が多いということは一般の人には、あまり理解できないようです。
        僕なんぞは田舎で開業しちゃった人なのですが、
        「合格しても当分、登録しない人もいるんですよ」と、お客さんに伝えると、「え?なんで?」って言う人のほうが多いですから(笑)

        都市部の法律家には素晴らしい人・仲のいい人がたくさんいるので、都市部批判をするつりは無いですが、
        自分が田舎の開業者ということもあってか、司法書士ならずとも田舎の開業者には変な親近感を覚えます。

        司法書士ではないのですが、先日、ひょんなことで、日本司法支援センター(法テラス)の常勤弁護士(スタッフ弁護士)さんたちのブログを知る機会がありまして、
        間接的にブログ管理人の一藤剛志弁護士からブログ紹介の快諾をいただいたそうなので、紹介させていただきます。
        スタッフ弁護士のブログ
        http://ameblo.jp/staff-lawyers/

        ブログを読む限り、情熱あふれる人が多いです。
        「弁護士は、敷居が高い・・・」という世間的イメージを覆すものをブログから発信していますね。

        司法書士を一般の方から見た場合の敷居の高さというのは、ちょっと分かりかねます(もう一般人じゃなくなってるからかも)。
        弁護士よりは敷居は低いと思うのですが、法人化を含む大規模化で事務効率を上げたときに敷居すらあがっちゃうんじゃないか?と僕は思います(小規模個人事務所のやっかみです、大きい事務所の方ごめんなさい)。

        僕は、司法過疎というのは、法律家が実際に何人いるかではなくて、話しやすい法律家が何人いるかにかかってくると考えています。
        そういうのを考えない単純弁護士増員とか、あんま意味ないような気がしますが、まだまだマンパワーも必要ですし否定はしてません。

        司法書士であれ弁護士であれ、世間の人から近い存在であるべきだと思うし、そのための情報発信ツールとして、法テラススタッフ弁護士さんたちのブログは成功していると思います。
        僕も、このブログをそういうツールとして使えれば・・・。
        このブログの方向性には、まだまだ迷いがありますので、いい刺激になりました。


        2008.05.13 Tuesday

        登録入会面接

        0
          司法書士会館に面接に行ってきました。
          緊張してきました。
          30分くらいの間ほとんどが、会の組織説明でしたが、意外に研修は充実しているということを知りました。
          無料相談会というものも多く、相談要員として出なけれどいけない時には講師業との並行は実は難しいのでは?と悩み始めているところです。

          面接は(もちろん単位会によって異なるとは思いますが)、僕の場合は、司法書士会の副会長三人と僕のみでした。
          氏名・住所・生年月日を聞かれます。
          あとは配属研修先の話とか、登録するまで何をしてきたかとか。

          最後に全員起立して、司法書士倫理の綱領を唱和します。
          厳粛な唱和の最中、僕の頭の中では司法書士としての職責と同じくらいに、考査の倫理問題について、ちゃんと解けるか心配で仕方ありませんでした(笑)

          2008.04.22 Tuesday

          司法書士名簿

          0
            司法書士に登録するには、司法書士名簿を書いて提出する必要があります。
            そこには特別研修の修了年月日を記載しなければなりません。
            僕は、てっきり特別研修の最後の総合講義を終えた3月2日を記載すればよいと思っていたのですが、特別研修の修了証書の作成日付は3月31日になっているそうです。

            既に、簡裁代理認定考査の願書とともに修了証書原本は、司法書士会に提出してしまい、自分で確認しようがないので、何人かの同期にメールで確認し、上記事実に気付いたわけです。

            さて、はたして、3月2日と3月31日の、どちらの日付で書けば良いのか??

            なんとなく31日付で書けば良いように思いますが、分からないので、空白にして司法書士会館で事務員さんと相談して埋めようかと考えています。
            しかし、他の登録済みの方々は、どうされましたでしょうか?
            実際に、どちらの日付で書いたかコメントくださいm(__)m

            2008.04.17 Thursday

            登録入会申請用紙

            0
              昨日、認定考査の受験申し込みをしに司法書士会に行ったついでに、登録入会用の書類をもらいに行きました。
              同期の方からは、「たぶん配属研修中はくれないよ」と言われましたが、配属先の先生と一緒に行ったこともあってか、すんなりもらえました。

              いろいろ書くものや用意する書類も多く、かつ、配属研修中は平日に動けないので、実際に用意できるのは、配属研修を終える再来週になるのだと思います。

              五月中に登録できたら良いですけど、たぶん六月の考査後になりそうです。

              「司法書士」を名乗れるまで、まだもう少しあります(笑)

              | 1/1PAGES |