CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

archives

2017.09.01 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2017.09.01 Friday

    結果を出すリーダーほど動かない

    0

      中学校のときの同級生で、現在は経営コンサルタントをしている山北陽平くんが本を出すようです(平成29年9月8日発売)。

      個人事業主の自分からするとタイトルだけでビックリしちゃうんですが、書籍の中身は面白そうです。

      山北くんのコンサルタントとしての講義を聴くこともなかなかできないので、買って読んでみようと思います。



      2008.12.26 Friday

      行政書士本試験の解説

      0
        行政書士試験の本試験再現と解説が、今月発売の不動産法律セミナーと不動産受験新報に、それぞれ掲載されました。
        解説に少し差があるようなので、両方よみくらべても面白いとは思いますが、まぁ片方で十分でしょうね。

        不動産法律セミナーの方には行政書士開業に関する記事が載っていました。司法書士開業にも通じるところがありますが、ちょっと精神論に過ぎる感じ。少なくとも、開業を本気で考えている人は、このくらいは考えているはず。
        不動産法律セミナー 2009年 01月号 [雑誌]
        不動産法律セミナー 2009年 01月号 [雑誌]

        不動産受験新報の方には司法書士開業に関する記事が巻末マンガで載っていました。マンガなんで軽いノリで書いてありますが、司法書士で食っていけるかという重いテーマを扱っているので、まったく笑えない(笑)
        不動産受験新報 2009年 01月号 [雑誌]
        不動産受験新報 2009年 01月号 [雑誌]

        今日は、配属研修でお世話になった先生と忘年会です。
        今日も僕はほとんど仕事してない。師走なのに僕は暇(笑)

        2008.11.23 Sunday

        司法書士 裁判外和解と司法書士代理の実務

        0
          司法書士 裁判外和解と司法書士代理の実務
          司法書士 裁判外和解と司法書士代理の実務

          本書は、日本加除出版から出されている「平成20年版 司法書士 簡裁訴訟代理等関係業務の手引」の姉妹版であります。
          編者こそ「日本司法書士会連合会」から「司法書士簡裁代理研究委員会」と変わっていますが、その主要著者陣は同一であります(佐藤純通日司連会長も、推薦の言葉を書いている)。

          日司連編とできなかったのは、司法書士の代理権について踏み込んだ提言をしており、あくまでも私的な書籍という体裁で発行するのが無難と考えたからでしょう。
          しかし、単なる提言にとどまらず、倫理の問題、懲戒の問題についても事案を踏まえながら詳細に言及しており、司法書士の業務範囲や義務について一方的でない深い考察がなされています。
          司法書士以外の士業と業務範囲で議論する場合、本書を読んでいるかどうかで、まったく結論が異なる可能性もあるんじゃなかろうかという点で、業務上、必読の書でしょう。

          昨日、主要著者の方とお会いして、本書についてお話を伺いましたが、
          やはり「本書を読んで、考えてみてほしい、議論してほしい」という趣旨のことを言っておられました。
          本書に書いてある業務範囲だって歴史とニーズと解釈とで、どんどん変わっていくでしょうし、それは結局、現場の司法書士が作り出していくものなんだなと思います。
          上意下達じゃないんだから日司連編としなかったのは、僕はよかったと思います。

          2008.05.25 Sunday

          「福業」のススメ

          0
            「福業」のススメ
            『「福業」のススメ』谷口 晋一

            著者の弟が、僕の大学時代からの友人であるという奇妙な関係は、さておき、
            「福業」という新しい言葉を生み出した著者の働き方(生き方)には参考になるものがあります。

            本業・副業という分け方ではなくて、一つの働き方にとらわれずに、自分で楽しんでやれることが、本業・副業どちらにもプラスに働いていくんだなというのが、よく分かりました。

            僕にとっては、講師業が副業(福業)になるのでしょうか?(笑)
            本業の司法書士業務にプラスになっていくような福業になっていけばと思いました。

            2008.02.21 Thursday

            法学セミナー 2008年 03月号

            0
              今日は、二つ書評を書こうと思います。
              まずは、ひとつめ。

              法学セミナー 2008年 03月号 [雑誌]
              法学セミナー 2008年 03月号 [雑誌]

              模擬裁判第2回の建物明渡訴訟の被告側の準備書面を作っていたのと、時を同じくして、
              法学セミナーの最新号で「要件事実論と基礎法学」という特集をやっていました。
              まぁ、この特集が認定考査に役立つかどうかという下世話なことは無しにして、
              陶久利彦先生の寄稿なされた『「原則/例外」図式と信頼関係論 ─民法612条2項を題材にして』は、準備書面作成で、ここの条文とにらめっこしていた最中の頭には、とても刺激的で勉強になりました。
              模擬裁判(和解ロールプレイング)に役立つとは思えませんが、特別研修を土台にして、さらに別の角度から、この問題を眺めたい人にはオススメ。
              原告側のタッキー親衛隊の皆さんは準備書面作成を経てないので、オススメできるか微妙ですが(笑)

              2008.02.21 Thursday

              資格起業「3年で10倍」の法則

              0
                今日は、二つ書評を書こうと思います。
                次に、ふたつめ。

                資格起業「3年で10倍」の法則
                『資格起業「3年で10倍」の法則』福田 龍介

                福田龍介先生の名は、以前、不動産受験新報で中間省略登記の記事を連載されていたので覚えていたのですが、こういう本を出しているとは知りませんでした。
                この本は特別研修で同じ班になった同期から教えていただきました。
                合コンの話題とかが多い方なので遊んでばかりかと思いきや、こういう本を読んで開業することを真剣に考えられているようで、「遊びも仕事もデキるタイプ」の人だったんだと認識を新たにした限りです。
                この本に書いてあることは、一般的なビジネス書と、そう内容が変わるわけではないのでしょうが、著者が司法書士ということで、「あれ?僕にもできそう」と、その気にさせます。

                僕なんか開業してしまって良いの?と悩んでいた最中でもありましたので、いい発奮材料になりました。
                同じ班の同期に感謝。

                2008.02.10 Sunday

                簡裁訴訟代理等関係業務の手引き

                0
                  平成20年版、出ました。
                  司法書士簡裁訴訟代理等関係業務の手引 平成20年版 (2008)
                  特別研修中には間に合わないんじゃないかと思ってましたが、日本加除出版さんの努力の賜ですね。

                  旧版とは、そんなに大きな差はないので、最新版でなければ考査に対応できないという代物ではありません。
                  それでも、特別研修の最終日には司法書士倫理の講義もあるし、買ってない人は買うべきでしょう。

                  そろそろ模擬裁判の方も準備しなければいけません。
                  疲れがピークになってきているのか、集中力が欠けているようで、変なことを口走ってしまいました。
                  反省点です。

                  明日、訴状起案したのを提出。

                  2008.01.11 Friday

                  民事訴訟第一審手続の解説 4訂 −事件記録に基づいて

                  0
                    事前課題2の元ネタ本である「民事訴訟第一審手続の解説 4訂 −事件記録に基づいて」を法曹会から、やっと入手することができました。
                    とりあえず、これを一読して、さらに書きなおせる点があるか検討してみます。

                    明日は、何人かの有志と事前課題を素材に新人中央研修向けの予習勉強会をやる予定です。
                    はりきっております(笑)

                    2008.01.08 Tuesday

                    六法だらけ

                    0
                      平成20年度版の六法が3種類もあるという不思議な僕の部屋です(笑)
                      用途に分けて使おうと思っていたら、けっきょく3冊になった。ある意味で無駄買いです。

                      有斐閣判例六法Professional [平成20年版]
                      有斐閣判例六法Professional [平成20年版]
                      これは、特別研修で使おうと買いましたが、今でも条文の調べものに重宝しております。

                      岩波コンパクト六法 平成20年版 (2008)
                      これは、中央新人研修に持って行く六法です。荷物になるのはイヤなので軽いものを選びました。

                      詳細登記六法 平成20年版(全2冊) (2008)
                      詳細登記六法 平成20年版(全2冊) (2008)
                      プレゼントしていただきました。資料として使おうと思います。

                      2007.11.23 Friday

                      winnerさんへ(相続関係)

                      0
                        先日の電話の内容で言っていた戸籍のテキストは、僕の父のメモ書きのことであり出版されたものでないので、答えに窮してしまいました。
                        そこで、父自作の殴り書きテキストを解読するために(笑)、
                        僕が呼んだ参考書籍を掲載しておきます。

                        司法書士法務アシスト読本
                        司法書士法務アシスト読本

                        よくわかる戸籍事務の手引き
                        よくわかる戸籍事務の手引き

                        運命を変える!相続コーディネートの極意
                        運命を変える!相続コーディネートの極意

                        | 1/6PAGES | >>