CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

三重県いなべ市で開業する司法書士の日記

Legend of MIMITEI
<< 払込みをしたことを証する書面(第2版) | main | 株式の引受を証する書面 >>
会社設立時の支配人選任
会社設立時の支配人選任は、設立時取締役の権限ではなく発起人の権限です(平成18年3月31日民商782号通達第2部第1、1(9))。

発起設立の場合は、すんなり頭に入るのですが、
募集設立の場合、創立総会という手続があり、この手続によって支配人選任することも可能のように思います(定款変更の手続きによる)。
創立総会で支配人選任をすることができるとして、議題に「支配人選任に関する定款変更」としてではなく、単に「支配人選任の件」として有効に決議がなされた場合(創立総会の場合は決議要件は同じ、会73条1項)、その決議を定款変更の決議と解釈して登記申請することは可能でしょうか?
気になってます。
いろいろネットで調べてみたら、まっつさんのブログに昨年の体系書式演習 商業登記法6回目で出てるみたいな記事があるんですよね(しかも僕もコメントしてるし)。
このときに、どういう感じで出題されたか見てみたいんですけど手元に無いので分かりません。残念。


先日のGさんとKAWAさんとの機関変更のやりとりにもありました通り、さまざまな決議を、どこまで善意解釈していいものか(そもそも善意解釈することが許されるかも含め)悩ましい所であります。
記述式の問題は、そのあたりを曖昧にせず議題をはっきりさせてくれていますので、そんなに苦労することは無いのですが(気にするほうがおかしい)、
曲解して間違うことが多い昨今なので(ベテラン受験生の病気みたいなもの)、無視できないところではあります。

何かしら記述式の講座(アウトプット講座でもいいので)を追加して対策したほうがいいのかと思い始めています。
| 一般的に答練・模試 | 14:04 | comments(8) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 14:04 | - | - | |
これまでの前提で考えると、(定款変更と同じく特別決議なら)選任できそうな気がします。

しかし。。。しかし。。。
本当に選任できるのだろうかとやっぱり恐怖を感じます。記事を見ていろいろ調べたのですが、やはりどこにもその点についての記述が見つからないです。

こういう問題は一度答練で間違っておくと安心できるのですが、そういう論点に限ってなかなか出会えなかったりします(汗)
| ふみ | 2007/04/16 11:45 PM |
少なくとも総会で支配人選任は可能みたいですね。会社法であそぼから拾ってきました。

あとは省略しても良いのかどうかですけど・・・
似たような先例って無かったかな(謎)


Q5
非取締役会設置会社の業務執行権限についてお尋ねします。
非取締役会設置会社の取締役は各々業務執行権限を有する旨が
規定されております(会社348条1項)。
他方、株主総会の権限について会社法295条1項に「株主総
会は、この法律に規定する事項及び株式会社の組織、運営、管
理その他株式会社に関する一切の事項について決議することが
できる」とあります
この規定を踏まえ、支配人の選任OR解任や支店の設置・移転・
廃止等を株主総会で定めることも可能かと思いますが、株主総
会で選任した支配人を取締役が業務執行権に基づき解任するこ
とは可能でしょうか?
投稿 横山 | 2006/09/24 1:05:48
A5
株主総会で選任した支配人を、取締役が解任することは可能で
すが、忠実義務違反になる可能性はあります。
| ふみ | 2007/04/16 11:54 PM |
うん。そのQ&Aは読んだ覚えがあるから既知の事案。
でも会295と会66を対比してもらえば分かるのだけど,創立総会の場合は決議権限に限定があって株主総会と同じようには考えれないのですよ(「設立に関する事項に限り」)。
支配人選任が純粋な設立に関する事項かと言われれば,もちろんNOなのでしょうが,「この節に規定する事項」とすると定款変更たる会73条4項から導くのもアリかなと思ったわけです。
うぅむ,こうして条文を対比しながら考えると少なくとも定款変更なら定款変更で議題に上げないと無理っぽい気がしてきています。

話しは変わりますが,ここ三日くらいblogを中断していた反動か,物凄い数のアクセス数に驚いています。
ふみさんのおかげも何割かはあるはずです。
| ムッシュ耳呈 to ふみさん | 2007/04/17 12:22 AM |
なるほど〜。
ここまで考え出すと脳みそがバーストしそうです。
取りあえず支配人が株主総会で選任できることを確認したことで私は満足しますw

アクセス数は最近グーグル検索に強くなってきたので、うちのブログも伸びてるみたいですね。ヤフーにも強くなると嬉しいのですが・・・(腹黒)
| ふみ | 2007/04/17 12:45 AM |
気になってもうダンボールに片付けてた昨年の問題を引っ張り出しちゃいましたよ(笑

この問題は古すぎて参考になるかどうかも疑問です。
会社法の解釈について何も固まってなかった時期なので。
当時は株主総会で支配人選任が可能かも分かってなかったと思う。

ちなみにこの問題は創立総会で支配人選任ができるかという論点ではないです。
業務執行に当たる支配人選任が、発起人によるのか設立時取締役によるのか。
その職務分担について明確になった会社法の規定を知っているかという趣旨の問題です。
募集設立において発起人全員の同意で支店設置、支配人選任ができるかという話。

個人的には創立総会でどうなのかというのはどちらとも解釈可能…
という印象なので分からないですね。気にしないことにします。
| KAWA | 2007/04/17 2:54 PM |
> 当時は株主総会で支配人選任が可能かも分かってなかったと思う。

「株主総会で選任した支配人を取締役が解任することが可能かも」で。
いや、さすがにこの時期でも条文上、非取締役会設置なら株主総会で支配人選任はできたというのは分かってたはず…。

「支配人選任」は登記の事由を設立と別に書くというのを考えるとNOという気もしないでもない。設立後に株主総会で選任・解任すりゃいいので議論の意味もない気もします。
| KAWA | 2007/04/17 2:58 PM |
実務家の先生に問い合わせたところ

「募集設立の場合も、原則として発起人の議決権の過半数で決定することになると思います。
個人的には創立総会で支配人選任は難しいと思います。
定款変更決議の場合は、その旨の記載が必要ですし(すくなくとも定款変更の趣旨が決議から明らかである必要性があります)。
また、支配人の選任が、会社法66条の「・・・その他株式会社の設立に関する事項」に該当するかどうかも、疑わしいと思います。」

とのことでした。

たしかに、会社設立後に株主総会で支配人を選任する場合でも、それが定款変更の趣旨(定款で支配人を定める)なのか
、単に支配人を選任する(この場合、普通決議で足りよう)のかで、まったく異なるので、勝手な解釈で○○の決議だ!としてしまうのは危険のような気がします。

僕の中では納得できる筋道ができましたが、
ちょっと、過去問の射程から離れた論点のような気がします。
省みて自重せねばなりません。
| ムッシュ耳呈 | 2007/04/18 10:26 AM |
>「支配人選任」は登記の事由を設立と別に書く

商法時における登記研究505号217頁の取り扱いですね。
最近まですっかり忘れていた僕がいます。
旧法時の先例を旧法と共に忘れてしまっているところがあるので、長期受験生のメリット(?)なんて、あったものじゃありません。
| ムッシュ耳呈 to KAWAさん | 2007/04/18 10:29 AM |









http://mimitei.jugem.jp/trackback/156
会社設立の際の定款の書き方
定款を会社設立を行う過程の中で、作成する事になります。 しかし、大勢の方が定款の...
| 会社設立ならおまかせ情報ナビ | 2008/04/24 6:17 AM |