CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

archives

2007.10.01 Monday

10/1の記事その3

0
    winnerさんと、二人オフ会。

    初めて見るwinnerさんは年のころは僕と同じくらいと思うが、ぼくより、ずっとしっかりした人の感じでした。
    伊藤塾の口述模試の時間帯が前後していたので、すぐにwinnerさんと分かりました。

    口述模試を終えて、名駅の蕎麦屋で、一緒に夕飯を食べながら、今年の試験の反省会などを行いました。
    姫野ブログで間接的に知り合っているとはいえ、直接お話しするのは初めてだったので、受験勉強の方法であるとか、この教材・講義はよいだとかいった点で差も出てくるかと思いましたが、ほとんど同意見だったのには驚きました。
    これはKAWAさんと話したときも同じように感じていて(ただし、過去問に関しては少し差があった)、予備校のカリスマ講師とかが出している今年の本試験の分析よりも、今年の筆記試験合格者による今年の筆記試験の分析をまとめたほうが、ずっとためになるんじゃないかと思えるくらいです。
    たとえば、口述模試を受けると合格体験談の依頼などがあるのですが、予備校の体験談である以上、その予備校の講座を中心になってしまうのですね(どれほどWセミナーがよいと思ってもLECの合格体験談に書けない)。
    勇気ある公正な合格者が忌憚ない意見を書いたとしても、それは予備校側の圧力で闇に葬られ、受験生の目に届くことはないでしょう。

    受験生の方は、もし機会があったら、合格者から意見を聴いたほうがいいです。
    厳しい意見を言う人もいるでしょうが、かなり勉強になります。

    おっと、winnerさんの話に戻さなければ。。。

    いろいろ意見交換をしていて気づいたのは、午前択一の27問で肢切りになっている人というのは、ものすごい数で存在するということです。
    午後択一の基準点は確かに高かったので、午後で基準点に到達しなかった人も、多いとは思いますが、それでも午前27問で、もう少しのところで合格を逃した人の数は、ちょっと多すぎるくらいです。
    けっきょく何が午前の敗因となりうるかについて、今年のに関しては、担保物権法と会社法ということで一致したのです。
    来年の傾向は予想しにくい所がありますが、僕は、この2つは来年も十分な対策が必要な科目だと思っています。

    winnerさんとは、蕎麦を食べました。僕は鳥南蛮、winnerさんは盛り蕎麦。
    蕎麦に関するトリビア知識を披露していたせいで、すっかり「要件事実の対策ってどうする」だとか「口述ゼミ組もうか」などといった話そうと思っていたことはすっかり忘れてしまいました。
    こういうところが僕の悪いところです(笑)

    2017.11.19 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      こんばんは。
      僕も、土曜日のWセミナーでの同期合格者、伊藤塾での耳呈さんと話して感じたのは、合格したときのやり方には結構共通点があるのかなってことでした。

      かくいう僕も、去年の不合格確定時に参考にしたのは合格者のやり方でしたし、それもネットで見たものでした。
      予備校の体験記だと、具体的な勉強方法が書かれてるものはほとんどなくて、どの講座を受講したかとかがほとんどで、あまり参考にはならなかった記憶があります。

      予備校などの枠にとらわれない、真の合格体験記のようなページを、耳呈さんならではのネットワークをフルに活用して作ってみては?(笑)
      その折は、微力ながら僕もお手伝いしますよ。
      • winner
      • 2007/10/02 6:44 PM
      姫野ブログのオフ会に,今年の試験で涙をのんだ人も参加できるよう,確実に3点を取れるレジュメみたいなのを各合格者共同執筆で書いて参加特典として配るかというのを,姫野先生と打ち合わせていたのです。
      でも、真の合格体験談の方が,現実的であり価値があるような気がしてきました。
      ただ、謝礼など出るはずもない企画に,いかほどの合格者が賛同し協力してくれるか不明で少し怖い気もします。
      最悪,僕とwinnerさんのみでも仕方ないとは思っていますが(笑)
      • ムッシュ耳呈 to winnerさん
      • 2007/10/02 9:07 PM
      こんにちは。始めまして。

      姫野先生の研究所のブログから、こちらに来たものです。
      過去のものにコメントするのもどうかと思いつつ…

      かれこれ5年ほど司法書士試験を受けていて、まだ受験生。
      今年(H20)こそ!との思いでやってます。

      研究所ブログの質の高さに圧倒されつつ、なんとか
      そのレベルまで自分を引き上げたいと思っています。
      残り4ヶ月弱で。ブログ受講生だった皆さんに続くべく。

      また時々お邪魔させていただきますね。
      研修の模様なども、「来年は自分もそこにいるんだ!」と
      思って読んでいます。がんばってください!
      • コーンパイン
      • 2008/03/10 10:44 AM
      僕も六回受験して、やっと合格できた身なんで偉そうなことは言えないのです(笑)

      学生のころ卒業したOBが部活に遊びに来られるのが非常に嫌だった思い出がありますので、合格後に姫野先生のブログにコメントを入れることは差し控えています。
      でも、姫野先生のブログを通じて、知り合った方々を、僕はリアルな受験仲間と同じく思っていますので、こうして僕のブログにコメントをいただけることは嬉しいです。

      受験してると三月というのは簡単に過ぎますね。
      もし、Wセミナーの第一回模試を四月に受けられるのであれば、それを目標に今月の予定を組み立てるくらいでも良いように思います。

      精神的にか体力的にかで疲労もたまってくると思いますので、僕みたいに四月に手術なんてことのないよう気をつけてください。
      • ムッシュ耳呈 to コーンパインさん
      • 2008/03/10 12:59 PM
      コメントありがとうございます。

      記事にもありましたが、身近に合格者がいないので、
      合格者の方の「生の声」というのは、ほんとうに参考になります。

      >もし、Wセミナーの第一回模試を四月に受けられるのであれば、それを目標に今月の予定を組み立てるくらいでも良いように思います。

      もう半分過ぎちゃってますが(笑)
      先週から研究所ブログを見始めて、必要なレジュメなど入手して、勉強方針を全面改訂中です…

      今月の課題としては、
      民法・・・TU講座のレジュメと虹本情報をテキストに一元化
      不登法・・・プログレス対応レジュメと虹本情報をテキストに一元化
      会社法商登法・・・DP対応レジュメをテキストに一元化
      民訴・・・TU講座のレジュメをテキストに一元化

      これだけでもういっぱいいっぱい、花粉症も本格化して心身ともにやられっぱなしです(笑)

      Wセミナーの4月模試は受けるつもりですが、まだ全科目通しのアウトプット訓練が不十分なので、点数はかなりばらつくことを覚悟しております。。
      • コーンパイン
      • 2008/03/13 8:44 AM
      Wセミナーが、わざわざ四月に模試を設定しているのは、この段階での実力を診断してもらい、弱点を分析してもらおうという趣旨だと思います。
      科目により点数にばらつきがある場合は、課題がはっきりとするので、意外と楽です。
      全体的に点数が足らないとか、弱点が見えない時が一番難しいですかね(笑)

      合格者の生の声は、昔に比べれば届きやすくなったと思います(遠い目)。
      自我自賛になってしまいますが、ブログで情報公開される合格者の方々も増えましたしね。
      そういう方々にコメントすれば、何か返してくれます。
      受験生からのコメントをうるさがる合格者も中にはいるでしょうし、完全な上から目線の人もいますでしょうが、そのあたりは記事から人柄が推測できますしね。

      自分の人柄が、どう推測されているかは考えると怖いものがありますが(笑)
      • ムッシュ耳呈 to コーンパインさん
      • 2008/03/14 3:30 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック