CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

CATEGORIES

archives

2018.10.10 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2008.10.28 Tuesday

    平成20年度司法書士新人研修のご案内(日司連より)

    0
      タイトルのとおり、「平成20年度司法書士新人研修のご案内」が今日付けで日本司法書士会連合会のページにアップされています。
      最終合格発表もまだなのに。。。そういう意味では昨年より日司連が情報公開を早めにしているともいえます。
      http://www.shiho-shoshi.or.jp/member/training/newfaces_training/information.html

      ざっと見て気をつけた方がいいと思うものを注意喚起。

      日程と会場
      ◇東地区会場【つくば会場】
      平成21年1月20 日(火)〜1月26日(月)
      会場・つくば国際会議場「エポカルつくば」
      ◇西地区会場【神戸会場】
      平成21 年1月18 日(日)〜1月24日(土)
      会場・神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ


      なぜか、西地区の会場が豪華になっている(昨年は、神戸国際会議場・国際展示場)
      定員も、昨年は東地区600人西地区400人だったのが、東地区500人西地区500人となっている。
      たしかに、これで、エポカルつくばの昨年の窮屈さは幾分解消できるとは思います。

      もっとも重要な変更点(というか一昨年までに戻っただけなのですが)は、
      愛知・岐阜・三重の方は西会場(神戸)ということです。
      新潟・長野・静岡より東は「つくば」。富山・岐阜・愛知より西は「神戸」。
      お間違えのないように。


      2018.10.10 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        なんと東海三県は神戸なんですね。

        つくばは遠いのですが交通の便はそんなに悪くなかったですし、(つくばエクスプレスの飛ばしっぷり、トンネルでも携帯が普通に使えるのには驚きました)ホテルが寒かったこと以外は概ね良かったです。

        このつくばで自分は受け身で聞くのは本当に苦手なので(何回意識が無くなったか覚えてません)、その分自分で学んでいかないとダメだなと強く思いましたね。

        会場内は暗い上に椅子もふかふかなので最初の佐藤会長の挨拶の時点で意識が無くなっていました。
        • hide
        • 2008/10/30 10:19 AM
        僕は、ウィークリーマンションに泊っていましたが、たしかに寒かったですね。

        >会場内は暗い上に椅子もふかふかなので最初の佐藤会長の挨拶の時点で意識が無くなっていました。

        早っ!
        でも、たしかに寝ている人は多かったですね。
        研修の科目ラインナップは多彩ですが、受講生の内訳は、司法書士業務の実務経験のない僕のような者から、補助者経験の豊富なhideさんのような方、登記官から認可された方と様々なので、
        中央研修で聞く内容の理解度も様々だと思うのです。
        だから、たぶん本当に理解できるのは、もっともっと後で、自分で事案にぶち当たりながら書籍を何冊も調べながら身につけていくもののような気がします。

        僕は知らない人の前で寝るのが苦手なので、意識は常にありましたが、
        恥ずかしい話、理解する前提知識が乏しいため聞いてても少ししか分からない講義もありました。
        悔しかったですね。新人中央研修で、もう同期との格差を感じた(笑)
        その悔しさが、今の僕の司法書士としての動力源になっているような気もします。
        • ムッシュ耳呈 to hideさん
        • 2008/10/30 11:41 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック