CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.06.09 Tuesday

委任状争奪戦が内紛っぽく見えたら嫌だなと思う今日この頃

0

    「高齢者・障害者等の意思決定支援の実現を目指す司法書士の会」という有志の会から「リーガルサポート定時総会について」と「総会へ各会員が意見表明をしていただくためのお願い」という2通の書面が郵便で届きました。

    リーガルサポート本部が業務上横領等の不正防止策として進めている成年被後見人等の預金証書類の原本確認について、本人不在なので支持することができない。
    しいては批判的な立場で議論するので賛同者は委任状を書いてほしい、との趣旨です。

    僕自身が現在、三重支部長という54支部の一画を預かる身ですから、余計なことを書いて、本部の立場と誤解されるのを恐れる小心者ですので、詳細は省きますが、この一連の事態を一般国民はどう見てるのだろう?僕らは成年被後見人の本人やその親族にどうやって説明していくのだろう?と思っています。

    「同じ目的に賛同し会員となっているのですから、原本確認など小手先のことではなく、本人のプライバシーを侵害しない方法をもって、ともに語らいともに悩みながら最善を探すことができるはずです。それがLS本来のあるべきすがたです。」

    くだんの有志の会は、このように書いて全国7000人以上の会員に送付しているので(すごいことだ!)、その目指すところは同じだとほっとしています。
    リーガルサポート不要論を安易に唱え、思考停止(または現実逃避)に陥っている司法書士では、全国に上記を発信することなんてできないでしょう。

    僕自身は本部総会に出席するので委任状は出しませんけど、問題提起をすることで議論が活発化していくことは、リーガルサポートのためでもありますし、ひいては成年後見制度の発展につながっていると思います。

    追伸:
    リーガルサポート会員の方へ。
    重要な総会になると思います。どうぞ、書面表決または委任状をお出しください。
    誰に委任すればよいか分からない場合は、上記有志の会でもいいでしょうが、どうぞ貴支部が選任した支部長に委任してあげてください。
    貴支部の支部長も、きっと貴支部の都道府県内で渦巻いているであろう様々な問題に対し、一定の見識を持って臨まれると思います。
    貴支部の総会で選んだその人をどうぞ信頼してあげてください。


    2017.11.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック