CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.09.02 Sunday

2018年09月01日のつぶやき

0
    16:31
    RT @matiere: (2018/03/08) 消費者契約法の一部を改正する法律案に対する意見 | 消費者委員会 | 消費者庁 https://t.co/QMKQztFyzL 1. 付言事項への対応について 2. 「平均的な損害の額」の立証に関する規律の在り方について…
    16:30
    RT @hanrei_bot: 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約に納付済みの授業料等を返還しない旨の特約がある場合,消費者契約法9条1号の平均的な損害及びこれを超える部分については,基本的には,当該特約の全部又は一部の無効を主張する当該合格者において主張立証責任…
    15:53
    RT @Inoue_Makoto: 【千原弁護士の法律Q&A】218消契法改正で過量販売取消権を導入 https://t.co/YPVKoowOPa #消費者契約法改正 #過量販売規制 #連鎖販売
    15:47
    RT @Mono_logue: 民間企業がこれをやれば、消費生活センターが即座に「不実告知」「断定的判断の提供」とかで「受講料の返納」言い出すこと必至な案件 https://t.co/KaPGOSfq9E
    15:43
    RT @FZpckKSapabN5au: 金融商品販売法では、断定的判断等の提供を禁止しており、例えば「絶対儲かりますよ!」と言われて購入した商品の、損失に対する損害賠償や、顧客への重要事項の説明義務を課しています。
    15:43
    RT @kamatatylaw: いま、日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社の営業マンからトルコリラ建債権に投資しないかと勧誘があった。必ず10倍になるとのこと。明確な断定的判断の提供をうけ、その情報を元に投資意思を固めたのだが、録音していることを伝えるとすぐに電話が切れ…
    15:35
    RT @29SW_GO: 訪問販売による契約は、法定された契約書面を業者から交付されてから、8日以内であればクーリングオフができる。 事業者が、消費者契約の締結を勧誘する際に、重要事項について事実と異なる内容を告げ、そのため消費者が誤認した場合、その不実告知を知った時から、6…
    14:38
    RT @tatakau_sangyoi: 付き合う人を選別するために一つの基準として、人の失敗を笑う人に賢い人はいないので、付き合う必要はありません。本当に賢い人は、他人のミスから自分の学びに変えますから。

    2018.10.10 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -