CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

CATEGORIES

archives

2017.11.29 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2006.10.31 Tuesday

    検索文字列(2006年8月〜10月)[第2版]

    0
      (上位10ワード)
      1.耳呈 43
      2.杉沢志乃 25
      3.累積投票 17
      4.会社法100問第2版 14
      5.新会社法100問 【第2版】 8
      6.新会社法100問【第2版】 6
      7.金子麗子の司法書士と秘密の小部屋 5
      7.論点表 5
      9.司法書士姫野 4
      9.曽根恵子 4
      9.耳呈伝 4
      9.海老原幸夫 4

      (おもしろワード少数編)
      司法書士 三段論法 耳 3
      長澤まさみ 合成画像 3
      飛行機映像 2
      遺贈と相続(申請人に関し疑問)について、Wセミナー東京本校より返事が返ってきましたので、
      まとめておきました。
      気になっていた方は確認ください。僕も勉強になりました。

      今日、口述試験の発表、つまり平成18年度司法書士試験の最終合格発表の日でした。
      これで本当に平成18年度試験は終わりました。あと残ってる人は平成19年度向けの人ばかりです。

      法務省が発表した最終合格発表の感想など。
      僕と同年代の人の合格者が多いことは例年通り(合格者の平均年齢30.74歳だから不思議はないのだけど。)。
      今年から受験者数も発表した。26278人ということは、ちょうど5600人は敵前逃亡したか午前の部で意気消沈したか??
      受験者数だけで計算すると、合格率も約3.48パーセントと良心的(?)な数字になります。
      この時期に、これだけの情報開示をしてきた試験委員の意図が不明だけど(筆記試験終了後に基準点・合格点を公表したのも画期的)、やっぱり午前の部問33と、商業登記記述式の監査役の没問に対する謝罪の意思表示かなぁ?

      口述結果待ちさま>>
      きっと合格なさったことと思います。おめでとうございます。
      僕も来年に引き継いで合格できますよう精進いたします。
      口述結果待ちさまの、ご指摘どおり、ためしに1週間ブログも書かずに勉強しておりましたが、勉強の量質ともに、そんなに大きな変化はなかったように思います。
      考えてみれば、ブログも、ほとんど携帯電話から下書きを随時更新する形で書いておりましたし、パソコンを開けるのも仕事の待機時間中ですので、ブログを書かないことが、そう大きな変化をもたらすことにはならないのです。
      もっとも、塵も積もればということもありまして、この細切れの時間に条文の素読や肢別問題集など、けっこうやれることもあるなと工夫できました。
      そういう意味では口述結果待ちさまに感謝しております。
      1週間ほどブログを放置しておりましたら、メールやら電話やらでいろいろ連絡をいただきました(ほとんど受験関係以外ですが)。
      1日に、のべ240人以上の方が閲覧してくださっているので、ありがたいとしか言いようがありません。
      口述結果待ちさんの言わんとするところに沿えていないかも知れませんが、引き続き自分のペースで更新していこうと思います。
      内容の面白くないブログとは思いますが、また僕の疑問など記事が上がりましたら、口述結果待ちさまも、次は合格者として回答のコメントを下さると大変ありがたく思います。


      2017.11.29 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        友達が長澤まさみのことをかわいいと言っていましたが、私もそう思います。個性的なところに特に注目してほしい。ドラマをみればすべてわかります。長澤まさみのセンスの良さからすると、何も不思議ではないですね。新しい長澤まさみのテレビ番組を見ました。長澤まさみ
        • 長澤まさみに愛の歌を
        • 2006/11/02 10:51 PM